プレスルーム

「わくわくワールド」の自動運転ミニカーバトルに参戦!

11月26日(日)に豊田市のスカイホール豊田で開催された、トヨタ技術会実行委員会※と、とよたものづくりフェスタ実行委員会が共同で開催するイベント「わくわくワールド」の「自動運転ミニカーバトル」に当社が参加しました。

 

エッジAIコンピューターであるNVIDIA®の Jetson™を搭載したミニカーを開発

 

自動運転ミニカーバトルとは、各自がプログラミングを行い、障害物や相手車両をミニカーに搭載したセンサーで検知しながらレースを行い、順位を競うイベントです。当社はエッジAIコンピューターであるNVIDIA®の Jetson™を搭載したミニカーを開発し、当イベントの無制限部門に参加しました。

 

社内の知見を集めた総勢6名のチームは、これまでテストコースでの走行など入念に準備を重ねてきました。当日は、実際の会場の状況に合わせてプログラムや車体を微調整して臨みました。その結果、本戦の第一戦であるタイムアタックでは12チーム中5位となり、その後のトーナメントでは準決勝まで勝ち進むことが出来ました。

 

当社は、今後も最新技術を積極的に取り入れ、お客さまの課題解決に貢献していきます。

 

※トヨタ自動車に勤務する社員が任意で加入する団体で、会員の技術・技能の向上および親睦を図り、さまざまな事業の技術分野の発展に寄与することを目的に1947年に発足。会員数は約24,000名。

 

搭載したセンサーで障害物などを検知し走行するミニカー

 

本戦には12チームが出場し、熱戦を繰り広げた